芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:高校野球

    o1
    o2
    o3
    o5

    1 :きゅう ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 22:37:08.83 ID:CAP_USER9.net
     
    AKB48の楽曲「光と影の日々」が、『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)のテーマソングをはじめ、今夏行われる第98回全国高校野球選手権大会の朝日放送(ABC)の応援ソングとして採用されたことが、22日に明らかになった。

    だが、「高校野球にまでAKBを絡ませないでくれ!」「アイドル起用するなら、せめてももクロにして!」などと、批判の声が吹き荒れているようだ。

    「光と影の日々」では、AKB48で総監督を務める横山由依と、近畿地方を中心に活動するNMB48でキャプテンを務める山本彩がWセンターを任され、指原莉乃や渡辺麻友、松井珠理奈ら計16名で構成される“高校野球選抜”として活動していくことが発表されている。

    総合プロデューサーの秋元康が、「高校球児とAKB48は似ている」「AKB48のコンセプトを説明する時に、何度も高校野球を例に使わせて頂いた」などとコメントしたことで余計に、「銭ゲバと一緒にするな!」と、批判の声が相次いでしまっているようだ。

    「握手会や、先日行われた総選挙の票付きのCDを売りだすなど、ファンから姑息に金を搾り取るようなやり方でビジネスを展開するAKB48と、純粋な心で甲子園目指して汗水流す高校球児を一緒に語れば、批判が殺到してしまうのは必定というもの。

    また、バレーボールの大会でジャニーズのグループが毎回、スペシャルサポーターとして登場していることにも共通していますが、仮にAKB48が甲子園に登場するとなれば、AKB48ファンが殺到し、純粋に野球を観たい人にチケットが回らなくなってしまう可能性がありますから、そういった意味でも、批判の的になっているようです。

    さらに、『どうしてもアイドル起用したいなら、ももクロにして』と、現ヤンキースの田中将大や福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐が楽曲を入場曲として使用するなど、多くの野球選手に愛され、AKB48よりも硬派で熱血なイメージが強い、ももいろクローバーZを推す声が寄せられているようです」(芸能関係者)
     
    AKB48といえば、今年の7月21日?9月4日までの期間中、大阪市にあるテーマパーク『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン』(以下USJ)にメンバーが常駐し、ほぼ毎日ライブを行う予定であることも発表されているため、「関西推し?」「秋葉原は捨てた?」などと、AKB48ファンの間でも波紋を呼んでいるようだ。

    「今春に開業15周年を迎えたUSJの記念イベントの一環として、今年2月にCDデビュー10周年を迎えたAKB48に白羽の矢が立てられ、コラボすることになったようです。

    が、イベント期間中、1日2?3回、計120回ものライブをやる予定で、横山の言葉を借りれば、まさに『この夏はAKB48ではなく、USJ48に』なってしまうわけで、『もう秋葉原は捨てたの?』と寂しがるファンは少なくないようです。

    また、秋元が以前、山本に関して『AKBグループを背負って立つエースですね』と公言したことがあるなど、運営側から次期エースとして期待されている山本を推していくための関西戦略なのではないか、との憶測も流れているようです」(同)
     
    先日行われた『第8回AKB48選抜総選挙』で1位を獲得したのは、福岡市を拠点に活動するHKT48のメンバーである指原莉乃だっただけに、AKB48の勢力図は徐々に西へ西へと傾いているのかもしれない。


    http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0627/ota_160627_4507149069.html
    【高校野球応援ソングに批判の声「AKB48を絡ませないでくれ!」「アイドルなら、ももクロにして!」】の続きを読む

    67
    12
    36

    1 :
    砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 23:16:51.74 ID:CAP_USER9.net

    8月7日(日)に夏の風物詩「第98回全国高校野球選手権大会」が開幕するのに先立ち、大会を彩る“2016ABC夏の高校野球応援ソング”に、AKB48の45thシングル収録曲「光と影の日々」が決定した。

    同曲は「高校野球とAKB48は似ている」と語る秋元康が歌詞を書き下ろし、この楽曲のために16人の「高校野球選抜メンバー」が結成された。もともと高校野球が大好きという山本彩(NMB48)と横山由依(AKB48)がWセンターを務める。

    先日のお披露目会見には山本、横山の他、渡辺麻友(AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、指原莉乃(HKT48)、北原里英(NGT48)が登場。思い思いに高校野球の魅力について語っていた。

    「『熱闘甲子園』も大ファンで毎年楽しみに見せていただいている番組なので、すごくうれしいですし、申し訳ないくらいなんですが、本当に誇らしいです」(山本)

    「私も高校野球が本当に大好きで、さや姉(山本)とよく一緒に『ことしこそ甲子園行こうね』って言っていて、まだかなっていないので、ことしこそは行きたいなと思います」(横山)と、Wセンターの2人は喜びをあらわにした。

    他のメンバーは「私はこの中だったら一番高校生に近い年齢だと思うので、全力で応援させていただけたらうれしいなと思っています」(松井)

    「高校野球は、毎年テレビ中継にくぎ付けになって見てしまうのですが、高校球児の皆さんが一生懸命ひたむきに試合に取り組んでいる姿に毎年たくさんのパワーをいただいています。ことしは私たちがこの応援ソングを通して、高校球児の皆さんにエールをたくさんお届けできたらいいなと思っています」(渡辺)

    「出場される皆さんにとって、この曲を聴くと一生胸が熱くなるような、そんな曲を歌えたらいいなと思っています」(指原)

    「実際に甲子園球場に行って(VTRの)撮影をさせていただきました。毎年あの場所で熱い戦いが繰り広げられていると思うと、やっぱり中途半端な気持ちでグラウンドに立ってはいけないなと思い、その日は本当に(体も心も)きれいな状態で撮影に臨ませていただきました」(北原)と、それぞれ熱い思いを込めて語った。

    先日行われたばかりの「第8回 AKB48選抜総選挙」において圧倒的票数で1位となった指原は「今回総選挙に出てあらためて、(高校野球は)総選挙と似ている部分があるなと自分自身感じました」と感慨深い様子。

    「今回は特に、上位4人がそれぞれ地方グループからだったので、何とか自分の地元に1位を持って帰りたい、優勝を持って帰りたいという気持ちはどこか(高校球児と)似ているものがあるんじゃないかなと思います」と、AKB48グループと高校野球を重ね合わせていた。

    そして総選挙1位になったこともあり、記者から指原に「これから頂点を目指す高校球児にメッセージを」というオーダーが。

    これには指原も恐縮しきりで「私は何にも努力してないので、ほんとに皆さんにアドバイスなんておこがましいんですけども、地元に優勝を持って帰るという気持ちは特別だと思うので、自分が故郷に錦を飾る姿を想像して頑張ってもらえたらなと思います!」とエールを送った。

    【秋元康コメント】

    高校野球が好きだ。甲子園のテレビ中継を見ているだけで、なぜか、涙が出てくる。 白球は夢だ。全員が、その夢を必死に追う姿に感動する。

    AKB48のコンセプトを説明する時に、何度も高校野球を例に使わせていただいた。「夢は1日にして成らず」。「熱闘甲子園」のテーマソングをAKB48に歌ってほしいという依頼をいただいた時、まず、“美しい汗”を描こうと思った。

    夢をつかみたいと思ったら、汗をかくしかないんだ。多くの人が高校野球に魅せられるのは、どこかで忘れてしまった自分の汗だろう。夢を見ているか? 汗をかいているか?『熱闘甲子園』を通して、“諦めないことの大切さ”を伝えたい。
     
    2 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/26(日) 23:17:30.26 ID:CAP_USER9.net

    【AKB48高校野球選抜メンバー】

    山本彩(NMB48)、横山由依(AKB48)、渡辺麻友(AKB48)、松井珠理奈(SKE48)、指原莉乃(HKT48)、北原里英(NGT48)、入山杏奈(AKB48)、柏木由紀(AKB48/NGT48)、北川綾巴(SKE48/AKB48)、

    高柳明音(SKE48)、白間美瑠(NMB48/AKB48)、矢倉楓子(NMB48)、兒玉遥(HKT48/AKB48)、宮脇咲良(HKT48/AKB48)、加藤美南(NGT48)、高倉萌香(NGT48)

    【これまでの「ABC夏の高校野球応援ソング」楽曲一覧】

    2003年:藤井フミヤ「SUMMER BOY」

    2004年:ZONE「glory colors~風のトビラ~」

    2005年:スガシカオ「奇跡」

    2006年:スキマスイッチ「スフィアの羽根」

    2007年:ウルフルズ「両方 For You」

    2008年:福耳「夏はこれからだ!」

    2009年:秦基博「Halation」

    2010年:FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」

    2011年:川上ジュリア「ずっとここから」

    2012年:GReeeeN「pride」

    2013年:コブクロ「ダイヤモンド」

    2014年:関ジャニ∞「オモイダマ」

    2015年:Superfly「On Your Side」


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160626-00000025-the_tv-ent
    【指原莉乃「高校野球とAKB総選挙は似ている部分がある。私は何にも努力してないのに優勝した」】の続きを読む

    このページのトップヘ