芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:黒木瞳

    7t
    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 22:17:33.63 _USER9
    神田うの(42才)が、大手パチチェーンなどを展開する実業家の夫と別居状態にあることがわかった──。

    8月上旬、数日間にわたって都内ホールで開かれた有名バレエ学校の発表会。かつて黒木瞳(56才)や君島十和子(51才)の娘たちが通い、今は市川海老蔵(39才)の長女が学ぶ超名門バレエ教室の今年の発表会では、全国から集まった約1500人の生徒がステージに立ったという。

    その最終日。まばゆいライトを浴びた子供たちと同じぐらい会場で目立っていたのが、ミニ丈の鮮やかな花柄ワンピースと白いハイヒールで美脚を見せつけていた神田うのだった。

    「5才の娘さんの晴れ舞台を家族総出で見にきていらっしゃいましたよ。会場には旦那さんが先に着いていて、後からうのさんとうのさんのご両親が合流。うのさんはママ友も多いようでロビーでは笑顔でいろいろなかたにご挨拶されていました。

    でも、娘さんの出番になると、観客席から身を乗り出すようにしていたかと思えば、ホールの隅で腕組みして見守っていたり、真剣そのものといった様子でした」(保護者の1人)

    夫もうのの隣で、愛娘の姿に視線を釘付けにしていた。夕方、発表会が終わると、うのは一家で近所の中華料理店へ。仲睦まじい家族の団らんを見せていた。

    ところが食事の後、うのと娘が帰っていったのは両親が暮らす都内の一戸建て。かたや夫が帰ったのは、高級タワーマンション――夫婦の知人によると、それが最近のパターンだという。

    「どうやら昨年後半くらいから別居状態になっているそうです。娘さんも『今度パパにいつ会う~?』なんて口にしていましたし、旦那さんも『うのは全然家に帰ってこないからなぁ』と話していましたね」

    うのといえば、タレントのかたわら、ストッキングやウエディングのブランドを立ち上げて年商数十億円の成功を収め、さらに2007年10月には大手パチチェーンなどを展開する実業家と結婚。贅を尽くした結婚式を10回ほども行うなど、超セレブ&おしどり夫婦生活が代名詞だった。2011年10月、長女を授かったことは大きな転機になったようだ。

    以下ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170823-00000014-pseven-ent 
    【【芸能】神田うの、夫婦仲良好も夫と別居状態!子育て優先で実家生活】の続きを読む

    09

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/04(月) 03:31:37.36 ID:CAP_USER9.net

    先月25日に公開された「嫌な女」で映画監督デビューを果たした女優・黒木瞳が、ホテル業界から「嫌な女」として総スカン状態という。

    新作映画の中で、メディア露出が圧倒的に目立ったのが黒木の初監督作品「嫌な女」だ。 

    「監督の黒木自らテレビや雑誌、新聞をはじめ多くのメディアに露出し、宣伝しまくったものの、6公開初日と翌日の映画興行収入ランキングではトップ10入りもならず、公開が50スクリーン程度だったことを考慮しても、PRの力の入れようを考えれば、苦戦と言わざるを得ないですね」と映画関係者は語る。

    そんな黒木は自身の作品タイトルごとく、ホテル業界からは以前から“嫌な女”として知られているという。

    「評判は最悪ですね。例えば、黒木さんは都内の高級ホテルに泊まった時の話ですが、コース料理しかないにもかかわらず『私はアラカルトが食べたいの!』、『これとこれだけを持ってきて!』とわがまま放題で、そのホテルでは“要注意人物”としてリストアップされています。

    その時も店員から『すいません、コース料理しかないので…』と何度説明されても一向に折れず、しまいには『料理長を呼んで!』と強引にアラカルトで頼んでいました」(ホテル業界関係者)

    黒木といえば、プライベートな問題でも業界内から信用を落としてしまったことがあるという。

    「黒木さんは宝塚歌劇団を退団後、前所属事務所の女社長と二人三脚で女優としての道を歩んできたのですが11年にその女社長が亡くなると、跡を継いで事務所を立て直すのかと思いきや、あっさりと個人事務所を設立して出て行ってしまったんです。

    この世界はタレントの独立には厳しい見方をされますが、黒木さんに関しても、『義理も人情もないのか』と悪評が立ちました」(芸能プロダクションマネジャー)

    人気女優たるもの、多少の気位の高さやシビアさは必要なのかもしれないが、プライベートでもまさに“嫌な女”の本領発揮といったところか!?


    http://dailynewsonline.jp/article/1156398/
    【黒木瞳はプライベートでも「嫌な女」ホテル業界から総スカン状態「わがまま放題で評判は最悪の要注意人物です」】の続きを読む

    no title

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/27(月) 09:33:12.27 ID:CAP_USER9.net

    黒木瞳(55)が声を上げて泣いた。初監督映画「嫌な女」が先週末、封切られた。昨年夏の撮影2日目。自宅に戻ると、無力感や自分のふがいなさに涙があふれた。日本映画界では、ほとんど例がない女優の監督挑戦。作品完成の喜びと苦闘の日々を聞いた。

    撮影2日目となる地方ロケを終え、黒木が都内の自宅に戻ったのは午前2時すぎだった。寝ているはずの夫と娘がリビングで待っていた。

    心配する2人に「大丈夫だったよ。何とかやったよ」と答えたが、張り詰めていたものが切れた。涙があふれた。号泣した。「何も言わないで、30分ぐらい泣かせてくれました」。

    慣れない監督業。「大変だと分かっていたのですが力不足を痛感しました。メンタルが落ちました」。現場でスタッフに自分の思いを伝え切れない。

    ロケでは当然ながら天候や状況を自分でコントロールなどできない。無力感と焦り。現場で表情に出さなかったが、家族の顔を見ると、気持ちを抑えられなかった。「もう迷惑は掛けられない。覚悟も決まりました」。

    自分が女優だけに「役者に対する甘えがあったかな」。本番でOKを出した後、すぐに撮影や録音のスタッフに意見を聞いた。

    「役者は自分の演技がどうだったのかすぐに知りたいと自分で分かっているのに、遠慮したのか自信がなかったのか、意識がまずスタッフに向いてしまいました」。徐々に軌道修正していった。

    主演は吉田羊と木村佳乃。吉田は感情を抑える演技が求められ、表現が難しかった。「首を少しかしげて」「もう少し前に出て」など「演技という領域ではないようなことをなるべく言葉にしました」。

    木村が演じた女性は感情むき出しのキャラクター。「常に天真らんまんにテンションを上げてほしかった。見事にやってくれました。すごい根性です(笑い)」。

    編集も手掛けた。「自分が見たいと思うつなげ方をするので、どんどん自分好みになっていく。細かい作業が好きなので楽しかったですね」。

    女優としてあらためて思ったことがある。「初心に帰りました。撮影現場では求められたら何度でもやり直して演じますという気持ちになりました。監督からすれば、材料がたくさんあった方が助かりますからね」。涙も不安も喜びも、全てが今後の女優人生につながっていく。

    ◆「嫌な女」 桂望実氏の同名小説の映画化。初対面の相手でもたちまち懐に入り込む夏子(木村佳乃)は生来の詐欺師。

    遠戚関係にある徹子(吉田羊)は仕事一筋の堅物の弁護士で、夏子がトラブルを起こすたびに解決に引っぱり出されていく。人生なんてつまらないものと思っていた徹子だが、夏子に翻弄(ほんろう)されながら徐々に変化していく。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160627-00000025-nksports-ent
    【嫌な女!黒木瞳が号泣「甘えがあったかな。娘が心配。もう迷惑は掛けられない」「映画監督より子供の監督」「娘がいじめ」】の続きを読む

    このページのトップヘ