芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:AKB48

    5
    1: 名無しさん 2017/10/19(木) 15:41:43.98 _USER9
    俳優の坂上忍が19日、フジテレビ系「バイキング」で、AKB48のCDを大量に山中に不法投棄し逮捕された30代男性の話題に触れ、アイドルCDに握手券など何もつけなかったら「どれぐらい売れるのか」と疑問を呈した。

    番組ではAKB48のCDを500枚以上山中に不法投棄し、逮捕された30代男性の話題を議論。大量CDを購入する理由として、その楽曲が好きという以上に影響力があるのがCDについている「投票券」や「握手券」の存在。あるアイドルはCD購入特典として、100枚集めれば1時間半デートできるなどの特典を付けていることも紹介した。

    坂上は「普通にサービスで握手券が付属品(としてついている)、じゃあ、握手券、投票券がないCDって売られてるの?」とアイドル事情に詳しいフットボールアワーの岩尾望に質問。

    岩尾は「何かしらついてくると思います」と特典なしCDはほとんどないと指摘。フットボールアワーの後藤輝基も「詳しくは分からないけど、多分(特典が)ついている確率の方が高いように思う」と語った。

    これを聞いた坂上は「何も無いときに売ったら、どれぐらい売れるんですかね」とポツリ。特典無しCDは売れるのか素朴な疑問を口にした。すると間髪入れず中尾彬が「売れないね、売れない」とバッサリ。ホラン千秋も「売れないから券を付けないといけないんですよね?」と語っていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171019-00000072-dal-ent 
    【【芸能】坂上忍が疑問!アイドルCD特典なければ「どれぐらい売れるのか」】の続きを読む

    7t
    1: 名無しさん 2017/10/09(月) 19:42:07.20 _USER9
    いまや本家AKB48を凌駕する勢いの乃木坂46と欅坂46の坂道シリーズだが、思わぬ死角を露呈してしまった。それは、絶望的すぎる歌唱力のなさである。

    9月5日放送のテレビ番組『うたコン』(NHK総合)で、AKBの渡辺麻友と乃木坂の生駒里奈が、AKBグループ総合プロデューサーの秋元康氏が作詞した小泉今日子のヒット曲『なんてったってアイドル』を披露したのだが、安定した歌声を聞かせた渡辺に対し、生駒のそれは終始不安定だった。

    「48グループと坂道シリーズのライブは基本的に口パクなのですが、この日はナマ歌。人気面では乃木坂に押され気味のAKBですが、渡辺は本家の面目を保った格好です。

    放送後、生駒は自身のブログで、これまで歌唱力がないためソロパートを任されたことがなかったと吐露しています。

    乃木坂にも、生田絵梨花のようなミュージカルの出演経験が豊富で歌唱力のあるメンバーもいるのですが、生駒が起用されたのはAKBとの兼任経験があるという関係性からでしょう。

    生駒に限らず、乃木坂には松村沙友理や秋元真夏のような明らかに音痴のメンバーもいますからね。その歌唱力たるや推して知るべしですよ」(アイドル誌編集者)

    だが、そんな乃木坂を歌唱力のなさで、さらに上回るのが欅坂である。8月27日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)のなかでカラオケ大会が行われたのだが、彼女たちの歌声はボロボロ。

    「採点機で60点台を叩き出すメンバーもいましたからね。歌の下手な素人並みの歌唱力でした。乃木坂の冠番組でもカラオケ企画がありましたが、乃木坂メンバーはもっと歌えてましたよ。

    アイドルにとって歌唱力は必須ではありませんが、仮にも欅坂はアーティスト路線を貫いているグループ。ここまで下手だと、さすがに問題ではないでしょうか。

    ただ一方で、AKB、乃木坂、欅坂における歌唱力の格差というのは、単にキャリアの差なのかな、という気もします。CDデビューしてAKBが11年、乃木坂が5年、欅坂が1年なので、差も出ますよね」(同)

    あと、5年や10年もすれば、乃木坂や欅坂もそれなりの歌声を聞かせるようになれるのか。それまで人気が続くことを期待したい。

    (文=編集部)

    2017.10.09ビジネスジャーナル
    http://biz-journal.jp/i/2017/10/post_20880_entry.html 
    【【音楽】<乃木坂46と欅坂46>「深刻な問題」が露呈!絶望的すぎる歌唱力のなさ...】の続きを読む

    y
    1: 名無しさん 2017/09/28(木) 13:21:49.93 _USER9
    “ゆきりん”こと柏木由紀(AKB48/NGT48)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「柏木由紀のYUKIRIN TIME」。

    9月23日(土)の放送では、東京・早稲田大学ビジネススクール(WBS)で先日行われたオープンゼミに、特別講師として参加したゆきりんが、生徒たちを前に講演した模様をお届けしました。その内容を2回にわたって紹介します。

    前編の今回は、ゆきりんがアイドルになるまでの経緯や、内側から見たAKB48について。
    講演のタイトルは“私がアイドルになるまで…そして現在、未来”。
    「こういう場で喋るのは初めて」と言うゆきりんは、緊張の面持ちで講義をはじめました。

    ◆柏木由紀がアイドルになるまで
    ゆきりんがアイドルに興味を抱くようになったのは、小学2年生のときに地元・鹿児島にやってきたモーニング娘。のコンサートを母と一緒に観に行ったことがきっかけ。当時から歌ったり、踊ることが好きだったものの、“アイドルになりたい!”という気持ちはなく、その頃は純粋に曲を聴いたりコンサートを観ることに生きがいを感じていたと言います。

    ところが小学校高学年の頃、同級生が持ってきたオーディション雑誌を読み、芸能界に入るためにオーディションという方法があることを知り、「自分もいつかステージに立ってみたいと思うようになった」というゆきりん。

    憧れの存在であったモーニング娘。のオーディションを3回受けるも落選。
    中学2年生のとき、たまたま手に取ったティーン誌で、AKB48オープニングメンバー募集の広告を見て応募したゆきりんは、最終審査まで残るも両親を説得できず断念。しかし、アイドルになるという夢を諦めきれず3期生のオーディションに再び挑戦して見事合格。その日から目まぐるしく生活が激変したそうです。

    「オーディションに受かって2週間で母と上京して……右も左も分からない状態で、ふたりで物件探しをしました」と当時を振り返っていました。

    ◆AKB48というアイドルグループ
    3期生メンバーとしてAKB48に所属することになったゆきりん。
    次に語られたのは、自身のデビューから10年の活動を通して、内側から見たAKB48のこと。

    ゆきりんが、AKB48が国民的アイドルグループと言われるまでに成長した理由として挙げたのは、「専用劇場があり、毎日公演を行っていること」「握手会」「選抜総選挙」の3つ。

    「“会いに行けるアイドル”というコンセプトが、他のアイドルとかぶらなかったのが運がよかった」と話すゆきりんが、特に大事にしているのが「握手会」。
    現在、週末は大きな会場でほぼ毎週やっているそうで、今までテレビでしか観られなかったアイドルとファンが、直接触れ合える機会が増えたことが大きいと言います。

    ゆきりん曰く、握手会は自身の性格やファンへの対応など、テレビだけでは伝えきれない魅力を、実際にファンが感じて好きなメンバーを決められる重要な場なのだとか。

    「まずは目の前の人をファンにすることからはじめようと、できることからコツコツと積み重ねていきました」というゆきりんは、会場に来てくれたファンの名前や特徴、その日話したことを覚えておくため、握手会のたびにノートに細かく書いていたそうです。

    そんな努力もあって、ゆきりんは「AKB48選抜総選挙」の第1回から第8回まで、安定して上位をキープ。(2017年は初の不出馬)
    今年で第9回、いまや毎年恒例のイベントとして知られる「AKB48選抜総選挙」について、ゆきりんは「アイドルが、作品のセールス以外に順位がつけられることが今までなかった。女の子に順位をつけるというちょっと残酷なところも、総選挙が世間の皆さんに注目してもらえるきっかけになったのでは」と分析していました。

    また、ゆきりんがこのグループでよかったと感じているのは、「発言の自由があること」だと言います。

    Twitterやブログ、InstagramなどのSNSの投稿において、所属事務所やマネージャーによるチェックはなく、自分の思いのままに発信しているのだそう。
    コンサートのMCでも特に台本はなく、予定調和ではない自由な発言ができることがよかったと言い、「大人数メンバーがいる中で、それぞれが個性を出せたのもAKB48のよさだと思う」と話していました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00010001-tokyofm-ent&p=1 
    【【AKB48】柏木由紀「AKBが国民的グループになった3つの理由」 】の続きを読む

    t6
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 18:52:38.46
    前田敦子、欅坂46ライブ参戦を宣言
    https://mdpr.jp/news/detail/1708836

    【前田敦子/モデルプレス=8月22日】女優の前田敦子が21日、パーソナリティを務めるラジオ番組『前田敦子のHEART SONGS』(TOKYO FM/月~木、21:50~21:55)にて、開催中の欅坂46全国ツアー『真っ白なものは汚したくなる』に参戦することを宣言した。

    同番組では、リスナーが夏の思い出ともに曲をリクエストする「HEART SONGS 真夏のリクエスト大会」という企画を実施。

    アイドルのライブに毎年行くというリスナーからのメッセージを読んだ前田は、「私も行くよ今年の夏、欅坂。うふふ」と欅坂46のライブに行くことを報告。続けて、「欅坂46ちゃんたちのライブに行く予定です。すごい楽しみ。ちょっとまた報告しますね」と伝えた。

    前田のライブ参戦宣言に、ネット上では「あっちゃんが欅坂ライブに!!それは夢の空間すぎる」「欅坂ちゃんのこと気にかけてくれてる感じが嬉しい」「アイドルの先輩として見守ってるあっちゃんかっこいい」「本当に来られるといいな~楽しみ!」「ライブに行けたら感想聞きたい!」とファンから歓喜の声が上がっている。

    また、前田は16日放送の同番組で、全国ツアーの愛知・日本ガイシホール公演を体調不良のため欠席した、センターの平手友梨奈についても言及。

    「平手ちゃんの体調も気になる中、30日の幕張メッセまで駆け抜けるそうです」と紹介し、平手を気遣う言葉を紡ぐと、「みんなでぜひぜひ、みんなの声援で応援してあげてください」とファンへ呼びかけていた。(modelpress編集部)
    【【大悲報】前田敦子がAKB48を裏切って欅坂46のライブを見に行く】の続きを読む

    65
    1: 名無しさん 2017/08/18(金) 21:33:17.39
    「自立した女性を受け入れないと海外との距離が広まってしまう」秋元才加のツイートに共感相次ぐ 日本の男女格差は先進国最悪レベル

    男女平等が叫ばれて久しいが、実際には女性が不利になるシーンはまだまだ多い。元AKB48のメンバーで、現在は女優として活動している秋元才加さん(29)が8月8日に投稿したツイートがネットで共感を呼んでいる。

    「強く逞しく自立している女性というものを、この国できちんと理解して受け入れない限り、海外との距離がどんどん広がっていく気がする。男性も女性も手を取り合って逞しく生きるって、私は素敵だと思うんだけどな」このツイートには約5700件のいいねがついたほか、約2300件のリツートがされ、たちまち話題になった。

    日本企業では「長く働ける男性」を基本に採用活動をしており、女性は結婚後には家庭に入るものと考える風潮があった。そのため、一般的に女性は男性よりも重要な仕事を与えられておらず、女性の社会進出を妨げていた。

    そうした背景もあり、ツイッターでも、秋元さんに賛同する声が相次いだ。

    「男だから、女の子だから、って括りがまずダメだと思う。人として見て欲しいな」
    「自立の形に目標やゴールが必要なのかなと。経済格差を埋めるにはどうするか、家事や子育ての負担をどうするか、一つ一つ考えないとやね」
    「もっと大事なのは一人一人の意識かもしれないですね。女性も男性と平等に扱われる事を求めるならば変わらなければならない意識がまだあると思います」

    日本の男女格差はG7中で最低レベル 女性管理職の割合も低水準

    日本社会での女性の地位は、世界で比較しても低い。2016年に世界経済フォーラムが発表した各国の男女格差(ジェンダーギャップ)報告書では、調査対象国144か国中、日本は111位、G7先進諸国の中ではもちろん最低レベルと散々だ。

    日本が特に遅れをとっているのは、「経済活動への参加と機会」で118位。国税庁の「民間給与実態調査」で性別の平均給与額(2015年)によると、男性は約520万円に対し、女性は約276万円と大きく差が開いている。

    女性の働きやすい環境の整備は急務だ。2017年版の「男女共同参画白書」を見ると、就業者全体で女性が占める割合は43.5%で欧米諸国と大きく変わらない。しかし、管理的職業従事者における女性の割合は、13.0%と依然として低水準だ。(以下略)
    https://news.careerconnection.jp/?p=39556 
    【【社会】元AKB48 秋元才加「日本は自立した女性を受け入れないと海外との距離がどんどん広がる 日本の男女格差は先進国最悪レベル」】の続きを読む

    g
    1: 名無しさん 2017/06/01(木) 19:02:15.76
    速報1位に「だれ?」 AKB総選挙で大波乱 
     
    「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」の速報結果が5月31日、秋葉原のAKB48劇場で発表され、NGT48の荻野由佳が指原莉乃、渡辺麻友ら人気メンバーを抑えて1位(55,061票)を獲得する大波乱が巻き起こった。 
     
    2位はSKE48の松井珠理奈(34,641票)、3位はHKT48の指原莉乃(32,340票)、4位はAKB48の渡辺麻友(27,614票)、5位はNGT48の本間日陽(25,032票)、6位はSKE48の須田亜香里(24,947票)、7位はNGT48の高倉萌香(21,667票)、8位はHKT48の宮脇咲良(21,151票)、9位はAKB48の高橋朱里(17,047票)、10位はAKB48の岡田奈々(16,867票)。 
     
    速報1位の荻野は、公式メンバーをアルバイトで募集した「バイトAKB」を経て、「第2回AKB48グループ ドラフト会議」で新潟を拠点とするNGT48入りし、“苦労人”とも呼ばれるメンバー。今回の速報では荻野以外にも2回目の総選挙参加となるNGT48が大躍進。トップ10だけでも計3人がランクインした。 
     
    しかし、一般的にはまだまだ知名度が低く、ネット上では「AKB総選挙の1位の子誰? にしてもダークホース過ぎない?笑笑」「NGTがどこか全く分からなかった俺はもう完全にオジサンやな」「AKB総選挙 知らない子が1位って凄いね」といった反応も多い。 
     
    また、一部では不正な重複投票を懸念する声もあったが、運営側は1日、公式サイトで「改めて細部に渡り調査をいたしました結果、そのような事実は一切ございませんでした。すべてが厳正な監視の下、公正に投票が行われていることをご報告いたします」と否定している。 
     
    「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」開票イベントは今月17日に沖縄県の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチにて開催される。(編集部・中山雄一朗)
    https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0091935/
     
    1位 55,061票 荻野由佳(NGT48 Team NIII)
    2位 34,641票 松井珠理奈(SKE48 Team S)
    3位 32,340票 指原莉乃(HKT48 Team H)
    4位 27,614票 渡辺麻友(AKB48 Team B)
    5位 25,032票 本間日陽(NGT48 Team NIII)
    6位 24,947票 須田亜香里(SKE48 Team E)
    7位 21,667票 高倉萌香(NGT48 Team NIII)
    8位 21,151票 宮脇咲良(HKT48 Team KIV)
    9位 17,047票 高橋朱里(AKB48 Team 4)
    10位 16,867票 岡田奈々(KB48 Team 4)
    11位 12,396票 加藤夕夏(NMB48 Team M)
    12位 12,031票 横山由依(AKB48 Team A)
    13位 11,961票 倉野尾成美(AKB48 Team 8)
    14位 11,864票 川本紗矢(AKB48 Team 4)
    15位 11,373票 沖田彩華(NMB48 Team BII)
    16位 11,363票 久保怜音(AKB48 研究生)
    17位 11,207票 須藤凜々花(NMB48 Team N)
    18位 11,127票 竹内彩姫(SKE48 Team KII)
    19位 11,084票 白間美瑠(NMB48 Team M)
    20位 10,767票 渕上舞(HKT48 Team KIV)
    【【AKB48】AKB総選挙に大波乱 速報1位に「だれ?」が殺到 無名メンバー荻野由佳1位に不正と批判の声も】の続きを読む

    このページのトップヘ