芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:AKB48

    90

    1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/05/05(木) 14:42:35.32 ID:CAP_USER9.net

    阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」

    元AKB48の板野友美(24)が、4月20日にニューシングル『HIDE&SEEK』をリリースしたものの、5月2日付のオリコン週間チャートで初登場11位。トップ10入りを逃す厳しい戦いを強いられている。

    これまで8枚のシングルをリリースして、最高順位がトップ3を記録した作品は4作。そのうちの3作はAKB在籍時にソロリリースした作品のため、卒業後に発表されたものでは、まだ1作しか結果を出せていない状況だ。

    今回の作品でも、通常版のみならずDVDやグッズが付属さたものなど、さまざまなタイプのCDが用意されたが、売り上げには繋がらなかったようだ。

    こうした現実を受け、ファンの間では「ただただ残念でしかない」「ソロ歌手の現実って厳しいんだな」「歌手としてやっていけるのかな」と心配する声があがっている。

    国民的アイドルグループであるAKB48の中心メンバーを持ってしても、ソロ歌手として評価されるのは難しいのだ。さらには、モデルやタレント業でも評判がいいというわけではないのだとか。

    芸能関係者が、板野の弱点を指摘する。

    ■AKB48の看板に頼りすぎなソロ活動

    「板野の弱点は、これといった強みやキャラがないところです。それに加えて、タレントとしてバラエティ番組に出演しても、どこかいじりにくい雰囲気がある。

    自分で発信できるほど口が立つわけではないので、いじられないので爪痕を残すことができないんです。キャラの弱さは、個性が重要なソロ活動にも影響しているような気がしてなりません」

    板野同様、卒業後に苦戦を強いられていた前田敦子(24)は、現在、主役を務めるドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)で話題を呼んでいる。前出関係者が続ける。

    「彼女もソロ活動が成功しているとは言い難く、演技をしても酷評されることが多かった。しかし、今回は吹っ切れたのか、役にどっぷりとハマり、個性がどんどん引き出されています。板野さんも、どこかで自分の殻を破ることが必要でしょう。そうすれば、歌手活動にもいい影響が出てくるはず」

    AKB時代は「今どきの女の子」の代表格的なキャラクターで頭角を現した板野だが、「元AKB」という肩書きに頼らない活動も必要なのだろう。今後の巻き返しに期待したい。

    文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
    ※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。
    主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。

    http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1124985/


    【元AKB48板野友美が新曲も大惨敗!ソロ活動で苦戦するワケ「歌唱力のひどさ」「人気がまったくないから」】の続きを読む

    0c


    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/02(月) 00:29:41.19 ID:CAP_USER9.net

    前田敦子が4月27日、主役を務めるドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)がオールアップしたとツイッターで報告。

    この日は第2話の放送当日で、そんな早い時期のオールアップ(撮影終了)には驚きの声も多いようだ。とくに映画の予定もなく、AKB48卒業生としての活動も一段落した彼女がなぜ、ドラマの撮影を急いだのか。アイドル誌のライターはこう推測する。

    「前田は6月22日にファーストアルバムをリリースするんです。2011年のソロデビューから4枚のシングルを発表しており、今回のアルバムはいわばソロ活動の集大成。失敗は許されませんし、ランキング上位を狙うためにはリリースイベントを重ねる必要もあるでしょう。

    3曲あるという新曲のレコーディングとPV撮影もこれからでしょうから、5月以降はスケジュールをまるまる空けておきたかったんじゃないでしょうか」

    そのアルバムを大々的にアピールするための秘策も用意されているという。前出のアイドル誌ライターが続ける。

    「アルバム発売を間近に控えた6月18日には、新潟でAKB48の選抜総選挙が開催されます。ここに前田が登場してアルバム収録曲を歌うことは間違いないでしょう。

    そもそも選抜総選挙の真裏でリリースイベントを開催するわけにもいきませんし、前田の所属レーベルはAKB48と同じキングレコードですから、レーベル的には一石二鳥のはずです」

    ちなみに主演ドラマ主題歌の「Selfish」もアルバムに収録される予定。今の前田はアルバムのために、ドラマでも選抜総選挙でも、使えるものは何でも使いたいという心境かもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1123863/
    【前田敦子がAKB48選抜総選挙に便乗したある計算!「結局AKB頼りかよw」「この人、まだ歌手活動してたの?」】の続きを読む

    l


    1 :(山麓の宿場町)@\(^o^)/:2016/04/30(土) 14:23:31.31 .net

    4月8日にAKB48を卒業した高橋みなみが26日、東日本大震災の復興へ新たなボランティアの形を提案する社会貢献型の音楽イベント「RockCorps supported by JT 2016」の開催記者発表会に登場。

    しかし、現場では「元AKB48」という肩書の“使用禁止令”が通達され、集まった記者たちを失望させていた。

    「この日、囲み取材前にPRスタッフから、高橋のことについて『福島県の話を聞く際、AKB48としてではなく、高橋みなみさんが行かれた際のお話という形で……』や、『AKB48はもう卒業されています。

    過去のお話であったとしても、“AKB48時代に”といった質問はご遠慮ください』とした上に、ついには『元AKB48という表現をお控えいただければ』と、執拗にAKB48と表現をさせないようにしようという雰囲気でした」(ワイドショー関係者)
     
    実は、AKB48を卒業した直後のほかのメンバーでも、手のひらを返したかのように“元AKB48”の肩書を使わないよう指令が出ていたようだ。

    「以前、前田敦子や秋元才加も卒業後、ちょうど今回の高橋のようなタイミングでのイベントで『元AKB48』の肩書にしないでほしいと言われていました。

    特に秋元の現場では、このことに不服だったのか、ある記者が編集権を主張し、どうするのかは編集の問題と声を荒らげて抵抗、PRスタッフが萎縮してしまうという事態も起こっていました。

    過去にそんな事例があったため、記者たちは『散々AKB48の顔として売ってきたのに』『たかみな、やっぱりお前もか』と、いままで高橋に好感を持って接していた記者たちからは、残念がる声が上がっていました」(同)
     
    AKB48の高橋みなみとして被災地を訪れ、勇気付けられた被災者もいたはずだが、ソロで歌手としての活動になった瞬間にそれが“なかったこと”になるというのは、さすがに、いかがなものか。

    http://www.cyzo.com/2016/04/post_27921_entry.html
    【高橋みなみ「私の記事を書く時に『元AKB48』という肩書を使わないで」とマスコミに通達】の続きを読む

    na


    1 :47の素敵な(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-DbIH):2016/04/23(土) 12:44:54.33 ID:Aq9wcLU0d.net

    今年4月8 日の公演をもってアイドルグループ・AKB48を卒業した高橋みなみ。卒業後は「歌手」を目指すと明かしていたが、TVやラジオなど、MCとしての仕事が増えているようだ。

    元気で明るく、真面目で、これまで目立った恋愛スキャンダルもない。場の空気を読むことができ、MC力もあるなど、その姿は“ベッキー”とかぶる部分も多く、“ポスト・ベッキー候補”の伏兵といったところだろうか。

    うまくいけば、バラエティ番組でもAKB48時代以上の統率力を発揮し、司会として大成する可能性が高いのだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000305-oric-ent
    【ベッキー後釜にAKB48を卒業した高橋みなみ「真面目で、これまで目立った恋愛スキャンダルもない」】の続きを読む

    523a

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/04/22(金) 10:53:53.63 ID:CAP_USER*.net

    4月20日スタートのドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で“超恋愛体質女”を演じる前田敦子。毎回男性とのキスシーンがあることで話題になっているが、そんな前田の“ビッグでビックリ”な発言が聞こえてきた。

    「前田は現在上映中の映画『モヒカン故郷に帰る』で主役の松田龍平の恋人役で出演しています。AKB48を卒業してからの4年間で9本の映画に出演しており、その数は確かに多いのですが、まさかこの映画の告知取材で『映画に出続けて歴史に名を残したい』『“前田敦子映画祭”のように名前が残る女優になりたい』などと言い出すとは思いませんでした。

    自分を“女優”だと思っているようですが、女優の仕事をする“トウが立ったアイドル”ですよ。夢を見るのは自由ですが、あまりのビッグ発言に現場スタッフからは『お前が言うな!』『映画を舐めている』『呆れ果てた』などとソッポを向かれた状態です」(映画製作会社関係者)

    覆水盆に返らず。前田がスタッフの気持ちを取り戻すためには、誰もが認める女優に成長するしかないだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1119741/
    【前田敦子「映画で歴史に名を残したい」のビッグ発言に現場スタッフは呆れ顔!】の続きを読む

    このページのトップヘ