芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:LINE

    6

    1 :
    ひろし ★@\(^o^)/:2016/06/23(木) 22:35:04.35 ID:CAP_USER9.net
     
    タレントの神田うの(41)が、別居が報じられた作家の乙武洋匡氏(40)から報告を受けたことを明かした。23日発売の「女性セブン」および「週刊新潮」は、乙武氏が妻の仁美さんと別居していると報じた。

    神田は同日生放送のフジテレビ系「ノンストップ」に出演。親交のある乙武氏から前日にLINEで連絡があり、別居の報告を受けたと明かした。

    神田は乙武氏から聞いた別居の原因についても明かした。「今まで週の半分しかお家に居ないなかった、週のもう半分は事務所に寝泊まりしていた彼が、毎日家に居る生活になったことで、奥様の仁美さんが窮屈に感じてしまった」と、

    3月24日発売の「週刊新潮」で不倫を報じられたことで生活が変化し、そのことで夫婦仲に亀裂が入ってしまったという。別居は仁美さんから切り出されたそうだ。

    神田は、「子育てって(子供が)1人でも大変。そこに乙ちゃんもいるわけだから」と、3人の子育てと乙武氏の介護をする仁美さんをおもんぱかった。

    また、「不倫とか言われちゃうような今回の報道で、こういうふうに2人のバランスが崩れてしまったから、すごく私は友だちとしては非常に悲しい。世の中にはいろいろな夫婦の形がありますから」と語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00000172-nksports-ent
    【神田うの「乙武洋匡からLINEきた。不倫報道は友達として悲しい。いろんな夫婦の形がある」】の続きを読む

    n2
    n1

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/10(金) 13:36:39.05 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之が10日、フジテレビ系バラエティー番組「バイキング」に出演し、体調不良で休養中の小林麻耶からLINEが来たことを明かした。

    宮迫は「昨日、麻耶ちゃんからLINEが来まして」と報告。宮迫が出演しているCMに関して、妹の麻央が麻耶に言ってきたことを伝える内容だったという。がん保険のCMとみられる。

    宮迫は「強いきょうだいだなと思って。麻耶ちゃんもこの番組に出ながら看病もしていたんだと思うと強いなと」と麻耶が妹の病を隠しながら看病に務めていたことに感嘆した。

    麻耶は宮迫へのLINEの最後に「明日のバイキングで私の好感度を上げといて下さい」と書いていたという。麻央が乳がんを患っていることについては「家族みんなで頑張ります」というように記していたという。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160610-00000047-dal-ent

    【宮迫博之「小林麻耶からLINEが来た!明日のフジテレビのバイキングで私の好感度を上げといて」】の続きを読む

    2
    36

    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/25(水) 18:30:02.33 ID:CAP_USER9.net

    EXILEのリーダー・HIROと結婚し、第1子も授かった女優の上戸彩。結婚しても人気は健在の様子だが、彼女に関して気になる点が一つ……。

    以前より“大親友”といわれ、同じ番組で共演したりプライベートで遊ぶ姿も目撃されていたベッキーの「不倫騒動」に関し、騒動発覚から現在までまったくコメントを出していないのだ。ハリセンボンの近藤春菜など、多くの友人がコメントを出しているのに、上戸彩だけは沈黙を貫いている。

    「どうやら、上戸が生まれた女児の世話が大変で、これまで何時間もの時間を費やしてきたベッキーとの電話の相手ができなくなったという理由で、当時浮いたウワサもなく、本人も明らかな“差”を感じての嫉妬だったという話があります。

    また、EXILEのメンバー・MAKIDAIとの交際疑惑が一時期流れたベッキーに対し、上戸は心配して「ほどほどに」と声をかけたようだが、それにベッキーが反発したという情報もあります。いずれにせよ、以前のような関係ではない可能性が高いかもしれません」(記者)

    その後、追い討ちをかけるように『嫌いな女性ハーフタレントランキング』(東京独女スタイル調べ)で首位に立ってしまうなど、仕事面も散々。

    有吉弘行に付けられた『元気の押し売り』というあだ名のインパクトが強すぎた面もある。そして、トドメの不倫スキャンダルと、ここ1年のベッキーはまさに踏んだり蹴ったりだった様子。

    上戸としても、ベッキーの件に対して不用意な発言をして『とばっちり』を受けるのを避けるため、というのもあるのだろうか。子育てをしている状況で、面倒事を避けたいのは当然だ。

    もともと、非常に仲がよかったあびる優が『集団万引き』をテレビで告白して大バッシングを食らってから、ベッキーはあびるに一切近寄らなくなり、その後上戸とより親密に……という話もある。因果応報とはこのことか。


    http://dailynewsonline.jp/article/1135020/

    【ベッキーが“大親友”上戸彩に嫌われて見捨てられた理由!「あびる優にした因果応報」「LINEでヒルズ族揶揄」】の続きを読む

    94
    2c

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/05/19(木) 15:52:47.26 ID:CAP_USER9.net

    お笑い芸人の小島よしおが19日、都内で行われたマニュライフ生命『マニュライフ ウェルネス ラボ』スタート記者発表会に出席した。

    同じ事務所に所属し、未だ不倫騒動が後を引くタレントのベッキーについて「連絡はとってない」としつつも「ベッキーのママからは『これから一歩ずつ歩いていきたいと思います』というLINEをいただきました」と明かした。

    LINEが来たのはきのうのことだといい「ただその時の『小島くん』が全部『小鳥くん』になってた」と苦笑。「ベッキーのママは(所属する)サンミュージックのお笑いライブや僕の単独ライブにも来てくれて応援してくれてる」と感謝しながら、「『一緒に頑張りましょう。あと小鳥じゃないです』と返しました」と、やりとりを説明した。

    『週刊文春』にはゲスの極み乙女。・川谷絵音の元妻が抗議文を寄せるなど騒動は続いているが、稼ぎ頭の復帰には「いい兆しなんじゃないですか。社員の方々は大変だったと思うので。これからみんなで決して大きな会社ではないので、一丸となって一歩一歩歩いて行きたい」と気持ちを新たにした。

    イベントでは左右に自分そっくりのマリオネットをくっつけて“よしお三兄弟”として登場した小島。歩くことの重要性をアピールするため2体とルームランナーに挑戦した。

    「ベッキーは家から出ていなかったというので一緒に歩きたい」と呼びかけ「世間の目や一人じゃ心細かったらこいつらをお貸しします。俺は前を歩いてこの3人のよしおトライアルで」と提案していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160519-00000304-oric-ent

    【小島よしお「ベッキーの母親から『これから一歩ずつ歩いていきたいと思います』というLINEをいただきました」】の続きを読む

    png


    1 :克己復礼 ★@\(^o^)/:2016/05/04(水) 09:58:00.23 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ、オリエンタルラジオの中田敦彦(33)が4日、TBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・0)に出演。

    4月27日に同番組内で不倫疑惑騒動で休業中のベッキー(32)が週刊文春編集部宛に直筆の手紙を送ったことに対し、「あざとく感じちゃう」と意見したことについて多くの反響があり、改めてこの問題に対して持論を展開した。

    放送から1週間が経ち番組には多くの反響が寄せられ、視聴者の意見は8対2で中田を擁護するものだったという。

    中田は「色々な方から色々な事を言っていただきまして、僕の中で、擁護派がいる理由もわかる」と前置きした上で、「長きに渡ってベッキーは、イメージのいいタレントだった。そのことが、この問題をものすごく大きな問題にしたと思う。その発端はLINEの流出の問題」と核心をついた。

    中田は「離婚届のことを卒論と呼んで、川谷さん提出するように要求したり、会見の前日に友達で押し通す予定と挑発的な文言を使っていたことで、僕らの知っていたベッキーは、本当のベッキーだったのだろうか?っていうのが不倫をしたことと同じぐらい大きな問題だったと思う」とこれまでの経緯を説明しながら、疑問を口にした。

    そして、「(ベッキーと川谷がやり取りした)LINEについてあれはなんだったのかと、説明するまでこの問題は終わらない」と持論を展開した。

    週刊文春編集部へ宛てた直筆の手紙についても、「1文字もLINEについて触れていない。触れていないということが、逆説的にあのLINEは本当でしたと言っているようなもの。でもそれには触れられたくないから、間接的に文春を通して触れられたくないことを伝えたと感じた。

    この対応は不誠実でずる賢い」とバッサリ。「あざとい」発言に対し、「色々言われますが、僕の意見は変わらない。擁護することで、傷つく人もいると思うので意見をかえることはない」と揺るがない考えを示した。

    ベッキーに対して「本当に長いこと活躍してきた芸能人。準公人として、大きな影響力を行使して仕事をしていた。国民はベッキーのことを信じていた。それを裏切ったことを記者会見で説明する責任がある」と締めくくった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160504-00000509-sanspo-ent


    【オリラジ中田敦彦「ベッキーが川谷絵音とやり取りしたLINEの説明するまでこの問題は終わらない」】の続きを読む

    このページのトップヘ