芸能テロ

2chの芸能の反応をまとめています

    タグ:NHK

    7t
    o

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/06/13(月) 10:15:54.24 ID:CAP_USER9.net

    俳優の堺雅人(42)が主演を務めるNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の第23話が12日に放送され、平均視聴率は18・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。前週の22話から、2・3ポイント数字を上昇させた。

    大坂編がスタートした第14話は17・1%。第15話は第5話の19・0%以来10週ぶりの18%超えとなる18・3%を記録。

    第16話16・9%、第17話17・0%、第18話19・1%、第19話17・0%、第20話18・7%、第21話16・8%、第22話16・6%と推移し、今回も好調をキープした。

    初回19・9%と好発進。第2話は20・1%で、NHK大河ドラマの20%超えは2013年「八重の桜」の初回21・4%以来3年ぶり。

    大河ドラマ55作目。戦国時代最後の名将・真田幸村=本名・真田信繁(のぶしげ)の生涯を描く。ヒットメーカー・三谷幸喜氏(54)が「新選組!」(2004年)以来、2度目の大河脚本。

    タイトルの「真田丸」は大坂冬の陣で信繁が築いた最強の砦。同時に、家族の物語として一艘の船に例えた。演出は木村隆文氏ほか。

    第23話は「攻略」。秀吉(小日向文世)は20万を超える兵を集め、小田原を包囲する。だが、関東の覇者としての自尊心を捨てられない北条氏政(高嶋政伸)は、絶望的な状況になっても降伏を拒否する。

    一方、昌幸(草刈正雄)と信幸(大泉洋)は北条方の拠点、忍城(おしじょう)を攻めあぐねる。そこへ、秀吉から武功を立てるよう命じられた三成(山本耕史)が乗り込み、昌幸らと対立する。そんな中、信繁(堺雅人)は、家康(内野聖陽)と大谷吉継(片岡愛之助)に呼び出される…という展開だった。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000106-spnannex-ent


    【大河ドラマ「真田丸」視聴率上昇!第23話は18・9%「戦闘シーン手抜き過ぎ」「高嶋政伸が不憫」】の続きを読む

    70

    1 :餡子先生 ★@\(^o^)/:2016/06/06(月) 11:05:34.46 ID:CAP_USER9.net
     
    NHK「ブラタモリ」(土曜午後7時30分)で4日の回の平均視聴率が18・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、番組歴代最高を記録したことが6日わかった。これまでは5月7日の回が16・0%で番組最高だった。

    4日は伊勢神宮でなぜ20年ごとに式年遷宮が行われるのか、といった秘密に迫ったり、お伊勢参りの人気の裏にあった「御師(おんし)」と呼ばれる昔の「旅行代理店」のような存在を紹介した興味深い内容だった。

    名物「きざみめかぶ」にお湯をそそいでかきまぜ食べるところがおいしそうだった。次回にも続く。

    タモリとコンビを組んでいた桑子真帆アナウンサーも人気者になったが、現在コンビを組む近江友里恵アナウンサー(27)になってからも番組は絶好調だ。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00000070-nksports-ent

    【NHK「ブラタモリ」視聴率18・6% 番組歴代最高を記録!「大河ドラマに圧勝」「タモリを切ったフジテレビの罪」】の続きを読む

    no title

    1 :リサとギャスパール ★@\(^o^)/:2016/06/05(日) 19:00:41.71 ID:CAP_USER9.net
     
    5日午後に生放送されたNHKの番組「NHKのど自慢」で、冒頭から約3分間、一度流れた音声が、再び約10秒後に流れてしまい、音声が重なるトラブルが続いた。

    番組中、「お聞き苦しいところがありました」とするテロップが表示されたほか、司会者のアナウンサーが謝罪した。

    NHK関係者によると、冒頭の0時15分から同18分過ぎまで、ステレオ放送の左右の音声のうち片方が約10秒間遅れて流れたとみられる。

    東京都渋谷区の放送センター内の機器の故障が原因とみられるが、詳細は調査中という。こうしたトラブルについて、関係者は「聞いたことがない」と話した。同番組が生放送されているラジオでも同じ音声トラブルがあった。
     
    http://www.asahi.com/articles/ASJ655TP2J65UCVL002.html



    【NHKのど自慢で放送事故!一度流れた音声が再び約10秒後に流れて音声が重なるトラブル】の続きを読む

    1c
    f
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/03(火) 12:26:48.33 ID:CAP_USER9.net

    人気大河ドラマ『真田丸』(NHK)において、堺雅人演じる真田信繁の初恋の相手である梅を演じた黒木華が早くも死亡してしまった。これが、同じく信繁の幼なじみであるきり役を演じる長澤まさみの“差し金”ではないかと話題となっている。

    「不仲説などがささやかれていますが、さすがに脚本まで変えられるということはないでしょう。黒木華は4月から始まったドラマ『重版出来!』(TBS系)で主演を務めていますし、出演時期はあらかじめ決まっていたと見るべきでしょう」(芸能関係者)

    “昭和顔”ともいわれるしっとりとした黒木華と時代劇の相性は抜群でファンが多かったことは確かだ。ハードスケジュールを縫うようになんとか黒木をキャスティングしたのが実情なのだろう。こうした例は過去のドラマでも見られる。

    「大家族ものの連続ドラマとして知られた『天までとどけシリーズ』(TBS系)では、次男役を演じた河相我聞が途中からブレイクしたため、医学部へ進学しほとんど戻ってこない、という設定になりました。これは大人の事情といえるでしょう」(同)

    さらにキャストの死亡というやむを得ない事情で設定が変わることもある。『ショムニシリーズ』(フジテレビ系)では、野々村課長役を演じた伊藤俊人がクモ膜下出血のため死亡したため、海外出張中という設定に切り替えられた。

    『渡る世間は鬼ばかりシリーズ』(TBS系)では、母親役の山岡久乃が亡くなると、ドラマの中でも亡くなった。対して父親役の藤岡琢也が亡くなると、同役は宇津井健に引き継がれた。宇津井も亡くなったため、ドラマ中でも2014年に死亡という設定となった。

    はからずもドラマのキャラクターは、芸能人その人の人生遍歴を映し出すこともあるのだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1124526/
    【大河ドラマ「真田丸」梅を演じた黒木華が早くも死亡!長澤まさみの“差し金”か!】の続きを読む

    0-view

    1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/04/06(水) 22:48:54.65 ID:CAP_USER*.net
     
    桜の満開を迎えた4月最初の日曜日、あいにくの天候にもかかわらず都内の名所は多くの花見客で賑わっていた。わずかに晴れ間の見えた午後に、緑道や水路に沿って植えられた約300本の桜並木を眺めながら散策していたのは向井理(34才)&国仲涼子(36才)夫妻だった。

    「向井さんがベビーカーを押してゆっくりお散歩していました。お子さんは寝てしまっていたようで、向井さんと国仲さんのふたりでおしゃべりしながら歩いていましたね」(目撃した花見客)

    向井と国仲は2012年のドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)での共演をきっかけに交際をスタートし、2014年12月に結婚。昨年秋に誕生した男の子は生後6か月になる。

    NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』では、主人公・常子(高畑充希、24才)の叔父・鉄郎を演じる向井。4月5日放送の第2回で早速出番がやってきたが、鉄郎はいきなり無一文で常子の家に転がり込む。

    うなぎの養殖で一山当てると豪語するが、しょっちゅう商売に失敗するちゃらんぽらんな役どころのようだ。向井はインタビューで「飄々としていて、ぼくにとってこれまでになかった役柄なので、演じるのが楽しい」と答えまんざらではないようだが、この日の向井はしっかり手慣れたパパの様子を見せていた。

    桜より見応えある華やかプライベートだった。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160406-00000026-pseven-ent
    【向井理と国仲涼子 6か月の息子とお花見デビュー撮】の続きを読む

    07


    1 :ダークホース ★@\(^o^)/:2016/04/06(水) 18:04:48.82 ID:CAP_USER*.net

    4月2日に放送された綾瀬はるか主演のドラマ「大河ファンタジー 精霊の守り人」(NHK)第3話の視聴率が、7.1%だったことがわかった。同ドラマは3年に渡って放送されるが、3話にして早くも視聴率1ケタとなった。

    「『精霊の守り人』は、NHKが莫大な制作費を投じたものの、視聴率は初回から11.7%と奮わず、その後の2話も10.3%と下がり続けていました。そして最新の3話では一気に7.1%まで急下降。

    このドラマはファンタジーだけに、豪快なアクションやCGなどを求める視聴者が多いのですが、本編は会話パートが非常に多く、退屈に感じた視聴者にチャンネルを替えられてしまったのかもしれません」(テレビ誌記者)

    この日は「世界一受けたい授業SP」(日本テレビ系)や「世界フィギュアスケート選手権」(フジテレビ)など強力な裏番組の影響を受けた可能性もあるが、一方で綾瀬本人にかつてのようなタレントパワーがなくなってきているとの指摘もある。

    「綾瀬は1月期に主演ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)が平均6%という同クールの民放ドラマ最低視聴率を記録しています。それだけに今回、過酷なトレーニングまで積み、『精霊の守り人』で名誉挽回したかったようですが、結果的に厳しい状態にある。

    しかも、このドラマは3年もの間続くわけですから、もしこのまま数字が下がり続ければ、ドラマ界で“綾瀬は終わった”との声が噴出するのは避けられません」(前出・テレビ誌記者)

    次回でシーズン1が完結となる「精霊の守り人」。続編が放送されるのは2017年だが、はたしてどれだけの視聴者が、シーズン2についてきてくれるのだろうか。

    http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_55800/
    【綾瀬はるかが女優生命の危機「精霊の守り人」1ケタ大爆死で地獄の日々が始まる?】の続きを読む

    このページのトップヘ